交通アクセス | サイトマップ
文字の大きさ
交通アクセス |  サイトマップ
文字の大きさ  




兵庫県立加古川医療センター
(旧兵庫県立加古川病院)

〒675-8555
兵庫県加古川市神野町神野203
電話 079-497-7000(代表)
FAX 079-438-8800


糖尿病・内分泌内科

学会認定教育施設

  • 日本内科学会認定制度教育病院
  • 日本糖尿病学会認定教育施設
  • 日本内分泌学会認定教育施設
  • 日本甲状腺学会認定専門医施設
  • 日本肥満学会認定肥満症専門病院

スタッフ紹介

スタッフ 主な資格等
千原 和夫 (S45卒)
(非常勤)
名誉院長
病院局参与
日本内科学会認定医・指導医・近畿支部評議員
日本内分泌学会専門医・指導医・評議員
日本糖尿病学会専門医・研修指導医・学術評議員
日本骨代謝学会・評議員
日本肥満学会・評議員
医学博士
大原 毅 (S60卒)
(非常勤)
糖尿病・内分泌内科部長
兵庫県立姫路循環器病センター副院長、糖尿病内科部長兼任
生活習慣病センター長
日本内科学会総合内科専門医・指導医・近畿支部評議員
日本糖尿病学会専門医・学術評議員
兵庫県糖尿病対策推進会議副会長
医学博士
飯田 啓二 (H5卒) 糖尿病・内分泌内科部長、主任科長
生活習慣病センター部長兼任
日本内科学会総合内科専門医・指導医・近畿支部評議員
日本糖尿病学会専門医・研修指導医・近畿支部評議員
日本内分泌学会専門医・指導医・評議員
日本神経内分泌学会評議員
日本甲状腺学会専門医、日本肥満学会専門医、
日本医師会認定産業医
医学博士
日野 泰久 (H5卒) 糖尿病・内分泌内科部長
総合内科主任科長兼任
医学博士
中村 幸子 (H14卒) 総合内科医長
糖尿病・内分泌内科医長兼任
日本内科学会認定医
日本糖尿病学会専門医
日本内分泌学会専門医
山内 健史 (H21卒) 総合内科医長
糖尿病・内分泌内科医長兼任
日本内科学会認定医
日本消化器病学会専門医
後期研修医
石田 育大 (H24卒) 日本内科学会認定医
清家 雅子 (H24卒) 日本内科学会認定医
志智 大城 (H24卒) 日本内科学会認定医
大西 諒子 (H25卒) 日本内科学会認定医
伊藤 潤 (H25卒) 日本内科学会認定医

スタッフと初期後期研修医たち


 研修医向けホームページをご覧いただきありがとうございます。 糖尿病・内分泌内科の紹介の前に、研修医を目指す学生の方には当院の内科研修の特徴について紹介させていただきます。

 当院の内科は総合内科、消化器内科、循環器内科、糖尿病・内分泌内科、神経内科、緩和ケア内科、リウマチ内科(平成28年4月から新設)、腎臓内科(平成28年12月から新設)の専門領域に分かれており、それぞれの領域の エキスパートたちが専門医療を提供しています。とはいえ大病院の縦割り内科とは違いその垣根は低いです。旧加古川病院時代は内科1つであったこと、医局ス ペースには全診療科の医師が入るため、いつでも気軽にコンサルトし合えます。呼吸器内科については平成28年4月から常勤医は不在ですが、初期研修で学ぶべき呼吸器疾患は総合内科で研修可能です。非常勤の呼吸器専門医師も週3回外来診療されますので相談も可能です。

 初期研修医の医局は1年目用、2年目用と上級医とは別の部屋が用意されており、リラックスして仕事ができる環境です。週1回の新患カンファレンスでは内 科全員が集まりディスカッションします。初期研修医たちに1症例3分でまとめて提示してもらう形式です。研修医のプレゼンテーションの修練になるばかりで なく、各内科領域の最新の治療法なども耳に入ってくるため上級医にとっても貴重な勉強の場となっています。大病院の専門カンファレンスと、一般市中病院の 内科カンファレンスのそれぞれいいところを採用した研修環境といえます。初期研修医は上記内科をすべてローテートしていただきます。日常業務に忙殺されると じっくり考えたり知識をつける時間が無いまま2年の研修期間が終わってしまいがちになります。決して忙しすぎない環境で指導医から教育が受けられ、深く考 える習慣を身につけながら研修できることが当院内科の初期研修プログラムの特徴です。

 次に糖尿病・内分泌内科を紹介させていただきます。糖尿病・内分泌内科では、平成28年4月から新しく1名専攻医を迎え計5人の専攻医体制です。当科の特徴は専攻医が充実している点です。初期研修する環境として、2年目の研修医や専攻医が十分いるかどうかは重要な点です。また女性の専攻医2名(1名は産休中)、スタッフ1 名と女性医師が多いのも当科の特徴といえるでしょう。年齢の近い上級医は仕事面でもプライベートでも非常に頼りになる存在です。




 当科が特に力を入れている点として、若手医師への教育が挙げられます。週1回のカンファレンスは教育の場として最も重要で、症例を通じて病態の理解や知識の整理を行う場となっています。その中で研修医専攻医向けミニレク チャーを定期開催しています。貴重な症例は経験するだけでなく、学会発表を通じて深く勉強し、まとめることが重要です。プレゼンテーション能力を磨くこと も重要であり、学会発表 は初期研修医の時期から積極的に行っています。日々の業務が忙しすぎる病院ではこのような学術活動はおろそかになりがちです。興味深い症例をじっくり検討 できる時間的体力的余裕を少し持ちながら、充実した研修を行える環境、それが当院です。


 糖尿病・内分泌内科は女性が活躍し、長く仕事を続けるのに適した診療科といえます。糖尿病や内分泌に興味があるという女子学生さんの中には、「内科」ということで仕事と家庭の両立に不安を持ち、続けられないと早々とあきらめる人も多いと聞きます。病院にもよりますが決してそんなことはありません。見事に両立している当院の先輩の姿は参考になると思います。なんとなく内科に興味があるけれどまだ決めてないという人も当科は大歓迎です。将来の進路は状況に応じて変わることもよくあります。そのとき、内科に進んでおけば微調整が可能です。一方、すでに糖尿病内分泌内科に進もうと決めている人、もちろん当科は大歓迎です。新内科専門医制度も始まります。初期研修修了後、後期研修先の病院も決めなければなりません。当院で初期研修をしてそのまま専攻医として残ることもお勧めです。専門医取得を目指すために病院を変わる必要はありません。専門研修こそ当科の得意とするところです。当科での研修だけで効率よく糖尿病専門医、内分泌専門医両方取得可能です。


 もっと深く当科のことを知りたい方は、専攻医向けページをご覧ください。さらに当科の雰囲気を実際感じてみたい学生の方、診療科重点見学コースでぜひ見学にいらしてください。


(文責 主任科長 飯田 啓二)


入院糖尿病教育プログラム参加者(人/年)
平成25年度 平成26年度 平成27年度
144 137 145

糖尿病・内分泌内科関連学会発表数
学会名 平成25年度 平成26年度 平成27年度
演題数 研修医発表 演題数 研修医発表 演題数 研修医発表
日本糖尿病学会年次学術集会         1 1
日本糖尿病学会近畿地方会 4 4 3 3 3 3
日本内分泌学会学術総会 1   2 1 2 2
臨床内分泌代謝Update 4 4 6 4 4 4
日本内分泌学会近畿支部学術集会 1 1 1 1 1 1
米国内分泌学会 1      
日本間脳下垂体腫瘍学会     1      
日本甲状腺学会 1   1   2 2
日本内科学会近畿地方会 7 7 5 5 5 5
兵庫県立病院学会 1 1    
20 17 19 14 18 18

〔週間スケジュール〕
 糖尿病チームミーティング:毎週火曜午後4時から30分間
 糖尿病内分泌カンファレンス:毎週木曜午後5時から1時間
 抄読会(内科合同):隔週金曜日午後5時から30分間



上へ戻る ▲
Copyright(C) 2012 Hyogo Prefectural Kakogawa Medical Center All Rights Reserved