交通アクセス | サイトマップ
文字の大きさ
交通アクセス |  サイトマップ
文字の大きさ  




兵庫県立加古川医療センター
(旧兵庫県立加古川病院)

〒675-8555
兵庫県加古川市神野町神野203
電話 079-497-7000(代表)
FAX 079-438-8800


脳神経外科

指導責任者:相原 英夫
日本脳神経外科学会専門医制度関連施設

まだ当院の脳外科は始まったばかりであり、研修医に対する決まった指導カリキュラムはありません。スタッフも少なく、脳外科でのカンファレンスもありません。基本的には病棟での診察と手術を一緒に行うことになりますが、例えば、興味ある神経内科症例の診療を行う日、顕微鏡手術の練習をする日、論文を読んだり、指導医の講義や手術ビデオを見る日、など、各個人の先生の希望にも沿うかたちで、その日その日で、効率よく、興味のあることを中心に勉強してもらいたいと考えています。


概要

 初期臨床研修の中での脳神経外科における目標は、脳神経外科学および脳科学全般の基礎知識と技術、考え方の習得である。当院の脳神経外科は、2009.11月の新病院移転に伴って開設され、まだ手術症例数は少ない。他院の脳外科と比べての当科の特徴としては、

  • 当院は3次救急対応の救命救急センターがあり、重症脳卒中、重症頭部外傷などの 症例が多い。
  • 核医学画像診断、放射線治療、ナビゲーション手術、血管内治療、内視鏡手術などに対応した最新鋭の医療器機が整備されており、先端の脳外科治療が可能。
  • 神経内科外来があり、脳疾患の外来研修も充実。

などが挙げられる。今後の進路として脳外科、救急科、神経内科など脳疾患を扱う機会のある診療科を考えている研修医はもちろんだが、それ以外の研修医にも、脳疾患特有の病態の把握、診断から治療へのアプローチを学ぶとともに、脳外科手術とはどういうものかを肌で感じてもらう場としたいと考えている。



一般目標

  • 献身的な診療姿勢、患者、スタッフとの良好なコミュニケーション構築
  • 脳疾患特有の病態の把握、緊急度、重症度の理解
  • 基本的な神経学的診断、画像診断、生理学的診断の習得
  • 治療方針決定への過程、手術適応の判断に関する考え方の理解
  • 基本的な脳神経外科手術手技、術後管理、治療ゴール設定などの習得
  • 常に最新の知識を取り入れ、科学的な思考様式の富んだ、academic mindの育成


研修方法

病棟診療

 診療上の責任分担・指導とコンサルテーションシステム;指導医(主治医:当科では 2人のスタッフとも全患者の主治医である)と共に、研修医は副主治医となって入院患者の診療に当たり、各々の疾患、現在の病態、今後の方針などについて、指導医(主治医)へコンサルテーションを行い、知識および診療技術の向上に当たる。
 脳外科で特有の検査、モニターとしては、腰椎穿刺、脳血管撮影検査、脳波、各種誘発電位、超音波検査、頭蓋内圧モニターなどであるが、これらの診断法、理論、読影方法などを学び、また指導医の指導のもと基礎的な手技の習得にも努める。

救急患者診療

 脳卒中や頭部外傷などの脳疾病患者の救急搬送時には、救急科指導医の指導も受けながら、初期診断としての神経学的検査、CT,MRIなどの画像診断の学習、および救急のABCDなどの実践も行う。

手術

 脳外科手術は手術場以前から始まっており、各症例における、手術適応、術式、治療のゴールなどを十分に理解することが、手術の大きな一歩である。現場においては、助手として1つ1つの手技に積極的に参加し、術者の介助を行いながらその流れをつかむことが大切で、初期臨床研修期間での具体的業務は、開頭術での手術助手、局所麻酔での穿頭術などの指導医のもとでの執刀がメインになる。研修期間によってはこの限りではなく、外傷や脳内出血の開頭手術での開頭手技や、シャント手術などの全身麻酔での小手術の執刀なども行う場合もある。また、マイクロサージェリーに関しては、手術での助手は勿論であるが、微小血管吻合の練習のための実態顕微鏡や吻合器機は医局内に整備されており、いつでも反復練習が可能である。

外来診察

 指導医の指導のもと、問診の取り方、外来での診察、診断方法、手術後の患者のフォローアップ、患者とのコミュニケーションの取り方など、総合医の中での脳外科としての能力の構築をはかる。

学術活動

 症例検討会、学会、研究会には積極的に参加する。可能であれば、文献的考察を加えての症例報告、プレゼンテーションを行い、科学的論理的な思考、分析能力を養う。



指導スタッフ

相原 英夫 (あいはら・ひでお) 脳神経外科部長 平成 4年 神戸大学卒
前職:神戸大学附属病院脳神経外科講師
資格、専門医: 医学博士(H13.神戸大学)、 日本脳神経外科学会専門医(H11)、 日本脳卒中学会専門医(H16)
森下 暁二 (もりした・あきつぐ) 脳神経外科部長 平成 7年 神戸大学卒
日本脳神経外科学会専門医、 日本脳卒中学会専門医、 日本神経内視鏡学会技術認定医、 医学博士、 日本定位・機能神経外科学会機能的定位脳手術技術認定医、 専門:脳外科一般、 神経内視鏡治療、 機能的脳神経外科
松尾 和哉 (まつお・かずや) 脳神経外科医長 平成 22年 神戸大学卒
日本外科学会専門医、 検診マンモグラフィ読影認定医




上へ戻る ▲
Copyright(C) 2012 Hyogo Prefectural Kakogawa Medical Center All Rights Reserved