交通アクセス | サイトマップ
文字の大きさ
交通アクセス |  サイトマップ
文字の大きさ  




兵庫県立加古川医療センター
(旧兵庫県立加古川病院)

〒675-8555
兵庫県加古川市神野町神野203
電話 079-497-7000(代表)
FAX 079-438-8800


整形外科

(指導責任者 原田俊彦 Toshihiko_Harada@pref.hyogo.lg.jp
 日本整形外科学会認定研修施設

概要

当科は東播磨圏域で最大規模の整形外科です。現在、日本整形外科学会認定専門医6名と神戸大学整形外科レジデント2名、専攻医(後期研修)1名が在籍し、脊椎疾患、外傷、関節疾患などの手術治療を中心に診療しています。


卒後研修の目的

整形外科専門医を取得するだけでなく、整形外科のプロフェッショナルとして将来活躍できる人材を養成することを目的としています。


特色

 当科は旧県立加古川病院時代から、東播磨圏域における整形外科の中核診療科として整形外科の高度専門医療を提供してきました。特に脊椎外科、関節外科を中心とした手術症例が多いことが特徴で、小児の先天性疾患と悪性骨軟部腫瘍を除く、あらゆる運動器疾患の手術治療を行っています。
 当センターの最大の特徴は、県内最大規模の救命救急センターを併設することです。当センターの救急は原則として3次救急を対象としていますが、他院で対応できない2次救外傷の転送も多く、東播磨だけでなく西・北播磨からも骨盤骨折や多発外傷、脊椎脊髄損傷などの重症外傷症例が多数搬送されるようになりました。
 それに伴い、重度の整形外科外傷の手術が増加しており、整形外科では県内有数の手術症例数になりました。


主な対象疾患

 主として脊椎疾患(椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症、頸髄症など)、関節疾患(人工関節、関節鏡手術の対象となるもの)、骨折・外傷(大腿骨近位部骨折など一般的な骨折から骨盤骨折、多発骨折、脊椎・脊髄損傷など重症外傷含む)、スポーツ傷害(半月板損傷、靱帯損傷など)等の手術適応症例に対象を絞って診療しています。

診療実績

 平成27年度の整形外科総手術件数は1,112件で、新病院移転以来、年間1,000件前後で推移しています。当科は旧病院時代より脊椎外科と関節外科が多いことが特徴ですが、移転後は救命救急センターに搬送される多発外傷、骨盤骨折、脊椎損傷など、重症外傷の手術が増加しています。

年間総手術件数:1,112件(H27年度)

脊椎手術 297 骨折手術 429
椎間板ヘルニア 50 四肢骨折(一般) 132
脊柱管狭窄症 99 大腿骨近位部骨折 47
頸髄症 47 骨盤骨折 11
脊椎損傷 40 四肢骨折(救急) 236
人工関節手術 113 関節鏡手術 32
THA 27 手外科 60
TKA 86 良性骨軟部腫瘍 22


手術治療の特徴

脊椎外科:当科が専門とする脊椎外科は年間300件前後の症例数を維持しており、県西域の脊椎・脊髄外科センターの役割を担っています。顕微鏡や内視鏡を使った最小侵襲手術(MIS)が70件と多く、その内訳は腰椎の内視鏡手術(MED)44件、腰椎顕微鏡手術(Metrx MD法、Casper法、MILD法など)8件、頸椎の選択的椎弓形成術(白石法)18件などでした。MISの適応にならない症例でも、できるだけ侵襲を小さくした椎弓形成術を行っています(腰椎棘突起縦割式55件、頚椎棘突起縦割式28件)。また脊柱管狭窄症や脊椎損傷等で脊椎固定術を要する症例も増加しており、H27年度の脊椎固定術は108件(頸胸椎29件、胸腰椎79件)でした。

 *MISt:最近は脊椎固定術でも最小侵襲脊椎安定術(MISt)が普及してきており、当科でも大きくなりがちな脊椎固定術の侵襲を少しでも小さくするためにMIStを導入しています。H27年度は脊椎固定術108件のうち28件がMIStでした。

 *脊椎ナビゲーション手術:当科では術中に3D-CTが撮影できるC arm装置と脊椎手術ナビゲーションシステムを導入しています。これは頸椎の椎弓根スクリューなどリスクの高い手術手技を安全、確実に行うための手術機器です。頸椎損傷や胸腰椎MIStなどの手術で使用しています。

 *Baloon Kyphoplasty(BKP):BKPは骨粗鬆症による脊椎圧迫骨折に対して経皮的にバルーンを挿入し、骨折を整復した上で骨セメントを充填する手術手技です。当科でもBKPが保険収載されたH23年より開始しました。BKPは十分な保存治療にもかかわらず、疼痛緩和が得られない圧迫骨折に適応があります。BKPを行うには認定のためのトレーニングが必要ですが、当センターは、そのトレーニングを行う認定施設です。

骨折・外傷:一般の整形外科で最も多い高齢者の大腿骨近位部骨折は比較的少なく,骨盤骨折や高エネルギー外傷に伴う多発骨折などの重傷外傷が多いことが特徴です.高エネルギー外傷には救急科、脳外科、形成外科等と連携して、集学的な外傷治療を行っています.一般的な骨折等でも,手術や保存的治療を含めての対応をさせていただきます。

関節外科:上下肢の関節疾患に対する関節鏡下手術(前十字靱帯再建術や半月板手術等)や、変形性関節症に対する人工関節手術(THA,TKA)を多数行っています。 人工関節手術でも筋間侵入による最小侵襲手術(MIS)を導入しており、周術期には自己血輸血や、術後疼痛コントロール(関節内カクテル注射や神経ブロック等)、早期離床・リハビリテーションを進めることで術後の良好な機能回復を図ります。

リウマチ外科:H28年度より、甲南加古川病院のリウマチ・膠原病センターの移管に伴い、リウマチ外科(特に手外科、関節外科)の機能が加わりました。リウマチ関連の手術については火、金の外来(担当:中川部長、上藤医員)でご相談ください。

スポーツ整形外科診療:当科ではJリーグヴィッセル神戸のチームドクターとして、トップアスリートのメディカルチェックやスポーツ傷害の診療を行っています。また、当院のリハビリテーション科では、一般アスリートを対象にスポーツ整形外科診療も行っています(担当:柳田部長)。ここでは、icing等の基本的な消炎処置やストレッチ、筋力強化等のアスレティックリハビリテーションを中心に行い、早期のスポーツ復帰を目指しています。

骨粗鬆症地域連携ネットワーク 超高齢化社会の到来に伴い、骨粗鬆症患者は激増しており、当科でも骨粗鬆症による椎体骨折に対するBKPや脊椎固定術、大腿骨近位部骨折の手術が増加しています。しかし、骨粗鬆症の治療は手術で完結するわけではなく、あくまでも系統的な治療の継続が重要です。
当科では従来の大腿骨近位部骨折だけでなく、脊椎椎体骨折の地域連携パスを作成し、地域ぐるみで骨粗鬆症治療の継続を目指した東播磨骨粗鬆症地域連携ネットワークを立ち上げ、H28年度より運用を開始しています。
また、月曜日の午後診では骨粗鬆症外来(担当:岸本医長)を行っています。ここでは、骨粗鬆症の診断と薬剤の導入を行い、薬剤の継続をかかりつけ医にお願いしています。


新病院での整形外科と救命救急センター

県立加古川医療センターの救命救急センターでは外傷を中心とした3次救急を扱うため、整形外科が扱う重症外傷(骨盤骨折、多発骨折、脊椎損傷など)が急激に増えています。
整形外科では救急外傷の研修を重視していますので、専攻医には救命救急センターでの業務にも参加して頂きます。また、整形外科を専攻しながら一定期間、救命救急センターでの研修を希望される方も歓迎します。
整形外科と救急は切っても切れない関係です。恐いもの見たさの気持ちでも結構です。ぜひ他の施設では受けられない本物の外傷研修を受けてみて下さい。


整形外科専攻医からのコメント

伊藤雅明
県立加古川医療センターでは、いわゆる整形外科としてCommonな疾患から、3次救命センターでしか経験することができないような重症な疾患まで、あらゆる症例を主治医として経験することができます。また、加古川地区の脊椎専門病院であることから、脊椎疾患も多く、自分の手技のレベルに応じて、難しい症例でも指導医のもと執刀することがきます。指導医にもなんでも相談しやすいので、非常に働きやすいと思います。
このように、様々な症例を経験することができる県立加古川医療センターは、整形外科専攻医として学ぶ上で最適な環境ではないかと思います。
専攻医を希望される方は、県外からでもぜひ一度見学に来てみてください。


一般目標

  1. 臨床医としての基本的な診察に必要な知識・技能・態度を身につける。
  2. 緊急を要する疾患・外傷患者の初期治療に関する臨床的能力を身につける。
  3. 慢性疾患や高齢者患者の管理上の要点を知り、リハビリテーションと在宅医療・社会復帰の計画立案ができる。
  4. 患者・家族とのコミュニケーションを確立しようと努める態度を身につけ、インフォームドコンセントに基づいて説明・指導する能力を身につける。
  5. チーム医療において他の医療メンバーと協調・協力する姿勢を身につける。

個別目標

  1. 運動器の基礎医学的知識(解剖・生理・病理・バイオメカニクス・免疫学など)を理解する。
  2. 整形外科的検査法(X線検査、造影検査、CT、MRI、筋電図など)の実施と読影・読解力をつける。
  3. 整形外科的診断学(骨・関節、神経・筋の診察法)を習熟する。
  4. 整形外科的治療学(保存的治療、手術的治療)の基本的手技を習得する。
  5. 整形外科的外傷学(脊髄損傷、開放骨折などの救急外傷、一般外傷)を習得する。
  6. 整形外科的疾患(脊椎疾患、関節疾患、腫瘍性疾患、スポーツ障害など)の診断と治療を経験し、対応能力をつける。
  7. 整形外科リハビリテーションを理解し、処方ができる。

研修方法

  1. 外来業務:1年目は指導医の下に整形外科的な問診、診察手技、画像診断、外来処置(ギプス包帯法、創処置、硬膜外ブロック注射など)につき研修する。2年目以降は週1,2回の外来診察(再診)、外来処置を担当する。
  2. 検査業務:1年目より指導医の下に整形外科的検査手技(脊髄造影、関節造影など)を実地に習得する。2年目以降は透視下ブロック注射、筋電図などを実施する。実地に習得する。2年目以降は透視下ブロック注射、筋電図などを実施する。
  3. 病棟業務:1年目は指導医あるいは医長とペアで主治医となる。入院患者の回診を行い、患者・家族とのコミュニケーションの取り方や診療録、診療計画書、同意書、指導書、退院サマリーなどの文書作成能力を身につける(新病院では電子カルテが導入される)。入院患者の保存的治療の要点を習得し、手術患者の術後管理を学ぶ。2,3年目は単独で主治医となるが常に指導医と相談のうえ入院診療にあたり、手術適応のつけ方、インフォームドコンセントの取り方を学ぶ。
  4. 手術業務:1年目は原則として助手として手術に参加し、日整会のガイドラインに準じた手術部位感染の予防について徹底的に学ぶ。また抜釘や基本的な骨接合術の手術から始め、執刀医(原則として主治医)として骨接合術や大腿骨頸部骨折の人工骨頭置換術、関節鏡などの整形外科の基本的手術を経験する。2年目以降は脊椎後方除圧術(鏡視下手術を含む)、脊椎固定術、椎弓形成術、人工関節手術などの主要な手術手技を執刀医として経験する。いずれの手術も指導医あるいは医長の指導の下に執刀する。難易度の高い手術については助手を担当する。
  5. カンファレンス:毎週月、木の早朝に手術症例カンファレンスあり。このほか医師会との症例検討会や播但地区整形外科集談会、神戸脊椎外科カンファレンスなど多数の院外の症例検討会にも参加する。
  6. 学術活動:専攻医には最低年1回の学会発表と論文作成(できれば英文が望ましい)を義務づける。

指導体制

原田 俊彦 (はらだ・としひこ) 副院長 (医療連携・医療情報担当) 整形外科・ リハビリテーション科 部長 昭和 56年卒
日本整形外科学会専門医、 脊椎脊髄病外科学会認定指導医、 日本体育協会公認スポーツドクター、 日本リウマチ学会専門医、 日本リウマチ財団登録医、 専門は脊椎外科、 スポーツ整形外科 (ヴィッセル神戸チーフドクター)
中川 夏子 (なかがわ・なつこ) リウマチ科・ 整形外科部長 昭和 60年卒
日本整形外科学会専門医、 日本整形外科学会認定リウマチ医 ・スポーツ医 ・運動器リハビリテーション医、 日本手外科学会専門医 日本リウマチ学会指導医、 リウマチ財団登録医 専門はリウマチの手外科、 リウマチ関節外科
高山 博行 (たかやま・ひろゆき) 整形外科部長 平成 5年卒
日本整形外科学会専門医、 脊椎脊髄病外科学会認定指導医、 日本整形外科学会認定脊椎内視鏡下手術・ 技術認定医、 日本整形外科学会認定運動器リハビリテーション医
専門は脊椎外科
青木 謙二 (あおき・けんじ) 整形外科部長 平成 5年卒
日本整形外科学会専門医、 脊椎脊髄病外科学会認定指導医、 専門は脊椎外科、 関節外科(人工関節)
岸本 健太 (きしもと・けんた) 整形外科医長 平成 9年卒
日本整形外科学会専門医 専門は骨軟部腫瘍、 骨折・外傷、 関節外科、 骨粗鬆症
西原 寛玄 (にしはら・ひろたか) 整形外科医長 平成 11年卒
日本整形外科学会専門医、 日本整形外科学会認定スポーツ医・ 運動器リハビリテーション医 AOTRAUMA Japan 評議員 専門は骨折・外傷、 関節外科(人工関節)
市村 克仁 (いちむら・かつひと) 整形外科医長 平成 12年卒
日本整形外科学会専門医、 専門は骨折・外傷
上藤 淳郎 (うえふじ・あつお) リウマチ科・ 整形外科医長 平成 18年卒
日本整形外科学会専門医 専門は骨折・外傷、 リウマチ関節外科
向原 伸太郎
(むこうはら・ しんたろう)
整形外科医員 平成 23年卒
一般整形担当
宮﨑 邦彦 (みやざき・くにひこ) 整形外科専攻医 平成 24年卒
一般整形担当
生田 健明 (いくた・けんめい) 整形外科専攻医 平成 24年卒
一般整形担当
加藤 達雄 (かとう・たつお) 整形外科専攻医 平成 25年卒
一般整形担当
柳田 博美 (やなぎだ・ひろみ) リハビリテーション科部長 昭和 61年卒
日本整形外科学会専門医、 日本整形外科学会認定 運動器リハビリテーション医、 専門はリハビリテーション、 スポーツ整形外科 (ヴィッセル神戸チームドクター)
上へ戻る ▲
Copyright(C) 2012 Hyogo Prefectural Kakogawa Medical Center All Rights Reserved